前へ
次へ

今後発展してゆくべき労働形態『人材派遣』

『人材派遣』は、今後日本の社会において発展・浸透してゆくべき労働形態です。
その理由は、現在の社会において、個人の自由があり、自己の能力が生かせる労働が求められていることにあります。
人材派遣労働の特徴として、『選択』の自由を挙げます。
これは、希望する条件の企業を、個人が選択することができるという条件選択という要素と、自分自身の能力、キャリアを活かした企業を選択することができる、仕事の選択という要素が含まれています。
この2つの要素は、先述した現在の社会で求められる労働において、非常に大きなメリットとなるでしょう。
条件選択においては、個人個人によって異なったワークライフバランスを、自分自身で調整することが可能であることが大きなメリットです。
また、仕事の選択においては、コミュニケーション能力を活かした仕事がしたいなど、自分自身の得意分野、専門知識を生かす仕事を選択することが可能であることが大きなメリットになります。
このように、『人材派遣』は、現在、そして今後の社会において、求められている労働に合った雇用形態であります。
まだ正社員と待遇が異なるなどの改善点もありますが、今後発展してゆくべき労働形態と言えます。

Page Top